ギフトにはいろいろな形がある

ギフトといえば贈り物のことを指しますが、あげても嬉しい、貰ってなお嬉しいという、贈る側も贈られる側も特別な気持ちになれるそのシーンが当てはまるでしょう。

そのシーンの定番といえば誕生日が当てはまると思いますが、
子供から大人までその特別な日にはみなさん、その年齢に見合った物を贈られていることでしょう。

贈り物をするということで大事なことは相手に不愉快な思いをさせない、
その人に必要であったり感動を与える物をプレゼントをするということが一番なのです。

自分のエゴでこれが素敵でなんとしてでも使って欲しい、プレゼントしたい。
というような押し付けの感情を含ませてしまうと必ず失敗してしまい、自分まで嫌な思いをすることになります。

ギフトというのは、贈る側の気持ちが届いてこそ、活かされるものであり、相手に喜びや感動を与えることができてこそ、その意味をもたらすことができるのです。

誕生日以外にも結婚祝いや出産祝い、新築祝いや還暦祝いなど、
人生における様々なステージにおいてギフトは華を持たせてくれる一つの道具と言えるでしょう。

贈る時には相手にとってびっくりするような仕掛けや思いがけないことや想像を遥かに超えることをプラスできれば、感動も大きくなります。

簡単に物を買って渡すのも良いですが、心のこもった言葉や日頃の感謝を伝えたり、
ギフトにも様々な形があるので、特別な日に限らず日々の暮らしの中でささやかなギフトを贈ることができれば、人生がより楽しく充実したものになるでしょう。